FC2ブログ

2018.11.02.11.34

The Scientist

と、いうわけで新調したってわけよ。

いまならば不必要だってことはわかっているさ。
でもさ、やっぱりちっさいときからのあこがれだったからね。

とはいっても、わざわざつかいもしない専門用具をあつらえるのもばかばかしいからさ。
気分だけでもあじわうには、これで充分だろうって。

ああ。もちろんそうした。
出勤日初日は、いちおうね。たてまえにすらならないかもしれないけど、それにもしかしたらむこうでおれ用にあつらえてあるのかもしれないけれど、まぁ、きもちのうえでは必要だよ。
最低限の商売道具ってわけさ。

うん、結局ね、そういうことだ。
配属された研究室できがえようとしたら、たしなめられた。
おいおい、いったいいまをいつだとおもってんだ、もう20世紀はとっくのむかしのことだよって。

だから、この部屋にこいつがあるんだ。

って、いうけど、掃除や調理のときはべんりなもんだよ。
よごれしごとはこいつが一手にひきうけているってわけさ。

そういいおえると、そいつはそれをぬいでそのへんにほっぽりだした。
めのまえにはやつの手料理がならんでいる。もられた皿はどこの家庭にもあるものばかりだ。流石にシャーレやビーカーでのみくいはしないようだ。

[the text inspired from the song "The Scientist" from the album "A Rush Of Blood To the Head" by Coldplay]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2655-0b300485

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here