2017.04.21.12.46

Push Me To The Floor

そんなにくやしいのならば、そのほそいうででおもいっきりおれにむかってきたらどうだ。
いつまでもなきくさりやがって。

それがそいつの最期のことばだった。

その台詞は挑発であると同時に侮蔑であった。
自身が絶対的に優位にあること、その宣言であることにほかならない。

だけれども、それが結局、自身の破滅を誘引した。
よくあるように。

よくあるように?

そう、よくあるように。

そいつははらをさされ、のたうちまわっている。
まさかこんなやつに。そいつの脳裏にかすめたのかもしれない。
しかし「こんなやつ」こそ、充分に注意しなければならない人物でもあるのだ。

猫にとっては窮鼠こそ、もっとも用心すべき存在であるのだから。

[the text inspired from the song "Push Me To The Floor" from the album "Stardust Galaxies" by The Parlotones]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2269-0962b4f1

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here