2017.03.31.10.11

The Mess

さわがしいのはカーテンのむこうだ。

もうしわけ程度のものだが、それでも、いまのおれにできることといえば、想像するだけだ。
窓の下は駐車場。そこにのべつまくなしにサイレンをならしてつっこんでくる。そして数時間後には、おれのとなり、カーテンのむこうにあるあいたベッドにねかされるというわけさ。

おれはといえば、うえをむいてねかされてそれっきり。いろいろなものがつながれてそれによって計測された結果は24時間中、ナース・センターに報告がいく。だから、わざわざ様子をみにくる必要もない。

医師、看護師がひっきりなしに出入りするのはどれも、べつのカーテンだ。しかも数時間や数日のこと。あっというまにその場の主はきえてなくなる。どこへいくのかはおれもしらない。べつの階のべつの部屋なのか、娑婆なのか、それともあの世とやらなのか。
だがそうやっていれかわりたちかわりがあったとしても、ずっとおれはこのままなのだ。

時折、カーテンのむこうに第三者がまねきいれられることがある。立会人というか見舞というか、そんな人種だ。一方は殆ど無言。もう一方もほとんど無言。だから、だれがだれやら皆目わからない。想像するだけだ。遠方からかけつけた親族なのか。状況検分にきた警察なのか。それともその人物がそこにいる結果をつくった加害者なのか。ひまなおれはずっと、適当な物語をみつくろっていたりする。

というのも、おれをたずねるものはだれもいないからなのだ。

[the text inspired from the song "The Mess" for the album "Red Rose Speedway" by Paul McCartney And Wings]

images
the single for the b-side of the song "My Love", "The Mess" by Paul McCartney And Wings

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2253-3e78d063

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here