2017.03.19.09.51

"The Carnegie Hall Concert June 18,1971" by Carole King

images
ある日ある時、そのひとがたずねた。
「最近、なにを聴いているの」
ぼくは正直に告げた。するとそのひとはこう謂ったのだ。
「齢をとったものね」

ぼくがそのひとに告げた作品は、キャロル・キング (Carole King) のアルバム『つづれおり (Tapestry)』 [1971年発表] だった。限定版の紙ジャケット (Cardboard Sleeve Limited Edition) で再発されたその盤は、数日前に買った幾つもの作品の中のひとつで、本来ならば、そのひとには別の作品名を告げるべきだったのかもしれない。そして、恐らく、そのひとも別の答を望んでいた筈だ。

その作品を聴く事が即ち、感受性の衰えであると評価するのはきっと、ぼく達、ごく限られた世代のごく限られた嗜好をもつ人々だろう。世間一般は決してその様な断罪をくだしはしない。
だけれども、そのひとが、ぼくに対してそんな裁定をするのには充分な理由がある。
なぜならば、そのひともぼくも、音楽にもっとべつの機能をもとめていたからなのだ。例えば、世界に対峙する唯一の武器であるかの様な。

そんな視点をもつそのひとからみれば、ぼくのその時の解答はまるで、軍門に降ってしまった様に聴こえたのだろう。
果たしてそうなのだろうか。

語気も荒く、反論するのは簡単だが、こんなところでそれをおこなっても意味はない。
ぼくはただその時、そのひとの変わらなさを確認できたと任じていればいいだけだ。そしてそれを理由に、そのひとを信じていればいい。

同時期に何枚も買って聴いていた作品群の中から、その作品名を告げたのは、理由がひとつだけある。
意外だったからだ。

ひとがキャロル・キング (Carole King) のその作品になにを求めているのかはわからない。
だけれども、初めてその作品を聴いた当時のぼくは、その黒っぽさ (Black Feeling) に驚いた。そしてその黒っぽさ (Black Feeling) がずっと気にかかっている。

冷静に考えれば、その作品の中には、シュレルズ (The Shirelles) に提供した『ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー (Will You Love Me Tomorrow)』 [1960年発表 アルバム『ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー (Will You Love Me Tomorrow)』等に収録] のセルフ・カヴァーもあれば、アレサ・フランクリン (Aretha Franklin) に提供した『ナチュラル・ウーマン ([You Make Me Feel Like] A Natural Woman)』 [1967年発表 アルバム『レディ・ソウル (Lady Soul)』収録] のセルフ・カヴァーもある。その作品が発表された1971年には、クインシー・ジョーンズ (Quincy Jones) がアルバム『スマックウォーター・ジャック (Smackwater Jack)』で『スマックウォーター・ジャック (Smackwater Jack)』をカヴァーする。
いやきっと、それだけではない。黒人アーティストがカヴァーした彼女の楽曲は、捜そうと思えば幾らでも出てくる。
そんな風に分析的に聴けば、彼女の楽曲の黒っぽさ (Black Feeling) は幾らでも出てくるだろう。

だけれども、きっとそれだけでもない。
その作品の冒頭曲『空が落ちてくる (I Feel The Earth Move)』の性急さ、それがそのひととぼくがかつて聴き込んでいた幾つもの楽曲に相通じる様な気がしたのだから。

本作品は、アルバム『つづれおり (Tapestry)』の成功を受けて行われた、カーネギー・ホール (Carnegie Hall) でのライヴ収録作品。1971年に録音され発売されたのは1996年だ。何の為にこの時差があるのかは解らない。
ただ、この作品を聴いた後にあらためてスタジオ録音作である『つづれおり (Tapestry)』を聴くと、その印象は随分と異なったモノになる。そっけない程シンプルに聴こえるその作品も、実は用意周到につくりこんだ緻密な作品に思えるのだ。
それだけ、本作品の繊細さは新鮮だ。歌唱や演奏以外のモノ、会場のひといきれや、彼女を含めた演奏者の呼気、そちらにも耳を傾けるべき作品なのだ。

ものづくし(click in the world!)173. :
"The Carnegie Hall Concert June 18,1971" by Carole King


images
"The Carnegie Hall Concert June 18,1971" by Carole King

•16 previously unreleased tracks!
•Her biggest hits - live!
 includes
I Feel The Earth Move
It's Too Late
(You Make Me Feel Like) A Natural Woman

1. I Feel The Earth Move (Carole King)
2. Home Again (Carole King)
3. After All This Time (Carole King)
4. Child Of Mine (Gerry Goffin & Carole King)
5. Carry Your Load (Carole King)
6. No Easy Way Down (Gerry Goffin & Carole King)
7. Song Of Long Ago (Carole King)
8. Snow Queen (Gerry Goffin & Carole King)
9. Smackwater Jack (Gerry Goffin & Carole King)
10. So Far Away (Carole King)
11. It's Too Late (Carole King & Toni Stern)
12. Eventually (Gerry Goffin & Carole King)
13. Way Over Yonder (Carole King)
14. Beautiful (Carole King)
15. You've Got A Friend (Carole King)
16. Will You Love Me Tomorrow*
  Some Kind Of Wonderful*
  Up On The Roof*
   (Gerry Goffin & Carole King)
17. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (Gerry Goffin, Carole King & Jerry Wexler)
 * With Special Guest James Taylor

Produced by Lou Adler
Engineer : Hank Cicalo
Project Coordinator for Ode Records : Howard Frank
Art Direction : Ode Sound And Visuals
Art Director : Dave Burle
Liner Notes : Stephen K. Peeples
Photos : Jim McCrary, Ode Sound And Visuals

Project Direction for Legacy Recordings : Adam Block & Mark Feldman
Mastering Supervision : Bob Irwin
Mastered by Vic Anesini at Sony Music Studios, NYC

What are you going to listen to next?
For a catalog of legacy releases, please send a postcard to : Legacy Recordings or Enter a Catalog Request online

On Friday night, June 18, 1971 with her breakthrough Tapestry album and the double barreled single, "It's Too Late" / "I Feel The Earth Move" on the top of the Billboard charts, Carole King walked alone onto the Carnegie Hall stage to begin her first concert at the venerated venue, with James Taylor as her "surprise" guest.

Accompanied by Charles Larkey on bass and Danny Kortchmar on guitar, the concert both signified and celebrated King's arrival as solo artists, and her emergence as one of the most successful and influential singer / songwriter / performers in pop music history.

(C) 1996 Sony Music Entertainment Inc. / (P) 1996 Sony Music Entertainment Inc. / Manufactured by Epic A Division of Sony Music
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2246-5856bca0

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here