2017.03.10.09.47

The Jet Set Junta

むかしむかしのそのむかし。
砂漠の国の王宮で謀反があったそうな。

王も妃も殺されて、おさないこどもふたりは追放された。
ころすのはしのびないと逆賊のおさはいったが、みにつけるもの一切をはがされてのことだったから、実際はかえってむごいしうちだ。
王女と王子はぼろきれ1枚をみにまとっていずこともなくきえていった。

さてそれから数年。

砂漠の国の都によごと、ぬすっとが出没する。
どこからきたのかわからない。
どこへきえたのかもわからない。
ただ毎夜、王や大臣、将軍たちのやかたから一切のものがきえはてる。のこされるのはみにくいはだかをさらしたかれらだけだ。

都のものはうわさする。
王女と王子の復讐なのだと。
それの証拠におそわれるのは、謀反に加担したものたちだけだから。

そしてあるものはいう。
月のあかりにふたりをみたという。
さわぎのあったその夜、空にまう1組の男女を。


[the text inspired from the song "The Jet Set Junta" from the album "Eligible Bachelors" by The Monochrome Set]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2238-0bbf0a12

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here