2017.02.24.12.24

Heaven And Hell

その宗派の総本山は、宇宙空間にあった。

地球と月の間をゆっくりと周回する。だから、信者のほとんどは空をあおぎ、空にいのった。
そのさまは、かつてこの惑星に存在したほかの宗教、ふるい時代からおこったほかの宗教とあまりかわりはない。
神そのものやその奇蹟ではなく、信者達が建立した建造物が信仰の対象となるありさまもふくめて。

だが、月世界旅行が夢想された前世紀とはちがう。
意志と体力と経済力さえあれば、そこにむかうことができる。

(しかしながら、前世紀末に世界中のあらゆるところが観光地化されたことをおもえば、それもほかの宗教とはかわりばえもしない。)

神にもっともちかいその場所のすぐそとは宇宙空間。だれひとりとして生存はかなわない。
むかしのことばをひけば、板戸一枚下は地獄。
無限の至福は、恐怖によって保障されているといってもいい。

(しかしそれさえも、信仰という内実はほとんどの宗教の場合、そんなシステムに依存しているのではなかろうか。)

[the text inspired from the song "Heaven And Hell" from the album "Live At The Isle Of Wight Festival 1970" by The Who]

images
the single, b-side of "Summertime Blues" for the song "Heaven And Hell" by The Who

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2228-1d36ccf9

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here