2016.12.30.11.36

Zero

最低で最悪で、おちるところまでおちてしまったと、なやんでいるんだろう?

それは特殊な場所さ。でも。
座標軸のある1点にすぎない。

おまえははるかかなたの空間をにらんでここが最低点だとおもっている。
だが、おまえの背中にはおまえの視野と同等の空間がひろがっているのさ。

だからといっておまえは、おまえの後方にいるやつらよりもましだなんておもうなよ。
質や量の、優劣のはなしじゃあないんだ、これは。単純にそこにいる、それだけのことさ。

1本の線をひく。
ここにはこれだけのながさしかあらわれないが、実際は無限だ。ああ、みぎもひだりもだよ。
それで、ここに垂線を1本ひく。
そうするとだれもがここを特別な場所だとかんがえる。でも、そうじゃない。
これをけして、ここにべつの垂線をひくこともできる。
それだけのことさ。

どうしてもおまえがここを零とよびたいのならば、そうよべばいい。
しかし、異なる次元をもちだせば、そこがその座標軸でも零なのか。けっしてそうとはかぎらない。
それだけはおぼえておけ。

[the text inspired from the song "Zero" from the album "Royalty" by Chris Brown]

images
the single for the song "Zero" by Chris Brown

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2186-1f97a8ce

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here