2016.09.18.10.34

"LONG DAY'S FLIGHT" by THE ELECTRIC PRUNES

images
このバンドを紹介するのに、一番解りやすい方法は、おそらく次の様な文章なのだろう。

imagesimages
映画『イージー・ライダー (Easy Rider)』 [デニス・ホッパー (Dennis Hopper) 監督作品 1969年制作] の挿入曲として、彼等の楽曲『キリエ・エレイソン (Kyrie Eleison / Mardi Gras [When The Saints] )』 [アルバム『マス・イン・エフ・マイナー (Mass In F Minor )』収録 1968年発表] が起用されている [サウンドトラック盤『イージー・ライダー - オリジナル・サウンドトラック (Easy Rider: Music From The Soundtrack)』 [ 1969年発表] にも収録されている]。
だが、残念ながらその楽曲はこの作品には収録されていない。

imagesimages
次に考えられる手段としては、次の様な文言だ。
サイケデリック・ロック (Psychedelic Rock)~ガレージ・ロック (Garage Rock) のコンピレーション盤『ナゲッツ (Nuggets : Original Artyfacts From The First Psychedelic Era, 1965–1968)』 [1972年発表] の冒頭1曲目に彼等の楽曲『今夜は眠れない (I Had Too Much To Dream [Last Night])』 [アルバム『今夜は眠れない (I Had Too Much To Dream [Last Night])』収録 1967年発表] が収録されている。アルバム発売当初はアナログ盤2枚組として発売されたその作品は、1998年にはCD4枚組に再編されたが、収録されたその楽曲の、その地位は揺るぎない。ちなみに、その作品の監修にはレニー・ケイ (Lenny Kaye) が関わっている。パティ・スミス・グループ (Patti Smith Group) のギタリストとして世にでる前だ。

imagesimages
そんな公的な言及ではなくて、ぼく個人の視点で語るならば次の様な言い草だ。
エックス・ティー・シー (Xtc) の変名プロジェクトデュークス・オブ・ストラトスフィア (The Dukes Of Stratosphear) の楽曲『25 オクロック (25 O'Clock)』 [アルバム『25 オクロック (25 O'Clock)』収録 1985年発表] を聴くたびに、エレクトリック・プルーンズ (The Electric Prunes) の楽曲『今夜は眠れない (I Had Too Much To Dream [Last Night])』を思い浮かべるんだよね。
あれ、もしかしてその逆?
デュークス・オブ・ストラトスフィア (The Dukes Of Stratosphear) の楽曲『25 オクロック (25 O'Clock)』を聴くたびにエレクトリック・プルーンズ (The Electric Prunes) の楽曲『今夜は眠れない (I Had Too Much To Dream [Last Night])』なのか?

だんだんと、読者を切り捨てて行く様な表現に陥ってしまう様な気がしないでもないが、ここまで彼等を紹介する為に綴ってきた文章を要約すれば、おそらくただの一言になってしまうだろう。
1960年代のサイケデリック・ロック (Psychedelic Rock)~ガレージ・ロック (Garage Rock) の代表的なバンド、典型的なサウンドが彼等なのだ、と。

そして、上の言葉はある程度、音楽を聴きこんで来た人々の殆どに肯定される筈べき断定ではあるのだろうが、それに真っ向から意を立てているのが当事者であるバンド自身なのだ。
この作品のインナーには1967年当時の記事が掲載されていて、その記事曰く『ウィ・アー・ノット・サイケデリック (We Are Not Psychedelic)』なのである。
事件乃至現象が勃発している渦中、その当事者の認識と謂うモノの、そのひとつの典型的な発露にも思えるのだが、実際のところどうなのだろうか。

imgaesimages
本作品は、彼等の第1作『今夜は眠れない (I Had Too Much To Dream [Last Night])』 [1967年発表] と第2作『アンダーグラウンド (Underground)』 [1967年発表] を中心に編まれた編集盤で、その後に3作を遺している。どうして、こういう中途半端な編曲になったかと謂うと、単純に、それ以降は音楽性がガラリと変わっているから。
映画『イージー・ライダー (Easy Rider)』の、編集盤『ナゲッツ (Nuggets : Original Artyfacts From The First Psychedelic Era, 1965–1968)』の、エックス・ティー・シー (Xtc) の、と謂う様な彼等に関する一般的な認識を裏付ける音楽性の発露は、この作品で概観を知る事が出来る。

なお、ぼくがこの作品に出逢ったのは、グランジ (Grunge) と謂う形容句が誕生する直前、米国のアンダーグラウンドな音楽が耳目を集め出した頃だ。
サブ・ポップ・レーベル (Sub Pop) の新人バンドを買い漁るよりも確かな作品なんだろうな、と思って。

ものづくし(click in the world!)167. :
"LONG DAY'S FLIGHT" by THE ELECTRIC PRUNES


images
"LONG DAY'S FLIGHT" by THE ELECTRIC PRUNES

1. AIN'T IT HARD 2:10
 ORIGINALLY RELEASED ON US45 - REPRISE 0473
2. LITTLE OLIVE 3:39
 US45 - REPRISE 0473
3. I HAD TOO MUCH TO DREAM (LAST NIGHT) 2:54
 REPRISE LP - "I HAD TOO MUCH TO DREAM (LAST NIGHT)" RS 6248
4. LUVIN' 2:01
 RS 6248
5. GET ME TO THE WORLD ON TIME 2:30
 RS 6248
6. ARE YOU LOVIN' ME MORE (BUT ENJOYING IT LESS) 2:22
 RS 6248
7. BANGLES 2:24
 RS 6248
8. TRAIN FOR TOMORROW 2:59
 RS 6248
9. SOLD TO THE HIGHEST BIDDER 2:19
 RS 6248
10. TRY ME ON FOR SIZE 2:19
 RS 6248
11. DR. DO-GOOD 2:24
 REPLEASE LP - "UNDERGROUND" RS 6262
12. HIDEAWAY 2:40
 RS 6262
13. THE GREAT BANANA HOAX 4:08
 RS 6262
14. CHILDREN OF RAIN 2:35
 RS 6262
15. ANTIQUE DOLL 3:11
 RS 6262
16. I HAPPEN TO LOVE YOU 3:13
 RS 6262
17. LONG DAY'S FLIGHT (TILL' TOMORROW) 3:09
 RS 6262
18. YOU NEVER HAD IT BETTER 2:07
 ORIGINALLY RELEASED ON US45 - REPRISE 0652

Track 1 written by R. & T. Tillison
Track 2 written by J. Lowe
Tracks 3, 6, 9, 11, 15 written by Tucker & Mantz
Tracks 4, 12, 13 written by Lowe & Tulin
Tracks 5, 10 written by Tucker / Jones
Track 7 written by J. Walsh
Track 8 written by Lowe, Tulin, Williams, Spagnola, Ritter
Track 14 written by Williams & Williams
Track 16 written by Goffin & King
Track 17 written by Weakley & Yorty
Track 18 written by P. Sangster, R. Schwartz &
S. Poncher

Track 1, 2, 18 are Copyright Control
Track 3 is published by Acuff Rose Opryland Ltd.
Tracks 4 - 6, 8 - 15, 17 published by Shapiro-Bernstein & Co. Ltd.
Track 16 published by Screen Gems - EMI Music Ltd.
Track 7 published by Ronder Music (Ldn) Ltd.
Produced by Dave Hassinger
Licensed courtesy of WEA Records Ltd.

JIM LOWE : VOCALS / AUTOHARP / RHYTHM GUITAR / TAMBORINE / HARMONICA
WEAZEL : VOCALS / RHYTHM GUITAR
KEN WILLIAMS : LEAD GUITAR / EFFECTS
MARK TULIN : BASS GUITAR / PIANO / ORGAN
PRESTON RITTER / QUINT : DRUMS / PERCUSSION

PRODUCED BY : DAVE HASSINGER
RECORDED AT AMERICAN RECORDING CO.
CHIEF ELECTRICAL ENGINEER : RICHIE PODOLOR
ASSISTANT ELECTRICIAN : BILL COOPER
INITIAL SPARK : BARBARA HARRIS
STRING & BASS ARRANGEMENTS : PERRY BOTKIN JNR.
SLEEVE NOTE : BRAIAN HOGG
DESIGN : PHIL SMEE
ISSUED UNDER LICENSE FROM WEA RECORDS LTD.
EDSEL RECORDS A DIVISION OF DEMON RECORDS LTD., BRENTFORD, MIDLESEX

"We Are Not Psychedelic" Electric Prunes in amazing outburst. ("Hit Parader" June 1967)
"NOW AN ASTONISHING FIRST ALBUM FROM THE ELECTRIC PRUNES by BRIAN HOGG

(P) 1986 Warner Bros Records Ltd.
(C) 1989 Demon Records Ltd.
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2109-58deff16

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here