2016.08.19.11.38

Girls

ぼく達は、おおよそ、つぎのような方法で将来の伴侶をきめる。

あるやかたがその場所だ。

いつもそうだが、とてもこんでいる。簡単なてつづきをおえれば、最後尾にならぶことができる。長蛇のれつというやつだ。

そのれつのよこには女性のれつが並走しているが、それにてだしはできない。ゆびをくわえてながめているしかない。

ぼくのれつが一向にすすまないのにたいし、もうひとつのれつはずんずんとすすむ。だまってみているしかない女性達は、ぼくをおいてきぼりにして、しかもみむきもせずにさきへさきへとすすむ。
その理由は、最前列についてようやくわかる。

最前列にたどりついた男性だけに求婚の権利がある。
彼の目前にひとりの女性があらわれる。それをえらぶのもことわるのも、その男性にある。
拒否すればつぎの女性だ。男性がのぞむ相手があらわれるまで、あらたな女性が目前にあらわれる。

女性に拒否権がないわけではない。
自身をえらんだ相手にはりてひとつをくらわせればよい。そうして、おそらく、彼女は女性のれつの最後尾につくことになる。
おそらく、そうだ。

男性は相手が決まるまで、最前列にいて選択の権利はそのままだ。女性はその男性にえらばれないかぎり、あらためてれつの最後にならぶ。つまり、おおきな女性の円陣がそこにあって、男性はその接点にいてはじめて、自身にふさわしい相手をみつけられる。
ぼくのれつがずっと停滞している一方で、女性ばかりがさきへさきへとすすむのは、そういうわけだ。

そして、ぼくもようやく最前列にたどりついた。
数回、きつい一発をくらって、ようやくいまの妻をてにいれた。

そのときのことをふとおもいだして、彼女につげると、莫迦なゆめだといっておおわらいされた。

[the text inspired from the song "Girls" from the album "The 1975" by The 1975]

images
the single for the song "Girls" by The 1975

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2087-a8810931

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here