2016.08.02.12.22

たきかずや

仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) [マンガ『仮面ライダー (Kamen Rider)』 [作:石ノ森章太郎 (Shotaro Ishinomori) 1971週刊ぼくらマガジン連載] に登場] は孤独である。
それは同じ作者の石ノ森章太郎 (Shotaro Ishinomori) 作品であるマンガ『サイボーグ009 (Cyborg 009)』 [19641965週刊少年キング連載] と比較するだけでも解る。その作品の主人公、島村ジョー (Joe Shimamura) には少なくとも運命を共にする同じ境遇の8人のサイボーグ達 (Cyborgs) がいるのだから。
それ故に、仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) の駆使する乗物がオートバイ (Autobike) であるのは象徴的だ。構造上、その乗物は席を共にする事が想定されていないのだから。

だから、マンガ作品を離れて、その実写TVドラマ化された作品『仮面ライダー (Kamen Rider)』 [19711973毎日放送系列放映] に於いて、常にそのエンディング・シーンが仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) [藤岡弘 (Hiroshi Fujiwara)] のオートバイ (Autobike) に騎乗するシーンなのは、彼の孤独感を象徴させる様な意味があるのだろう。

では実際に彼は、そのTVドラマに於いても、孤独なのだろうかと問うと、それに関しては疑義が生じぜざるを得ない。
少なくとも、彼には、幾人もの戦友とも呼べる人物達が顕れるからだ。

ひとりは、仮面ライダー一文字隼人 (Hayato Ichimonji aka Kamen Rider 2) [演:佐々木剛 (Takeshi Sasaki)]。
彼に関しては考えなければならない点が幾つもあるのだけれども、ここでは棚上げにしておく。作劇上、何故、彼が登場しなければならなかったと謂う点と、彼が登場した結果が及ぼした作品群への影響は、決して小さくないからだ。
少なくとも、彼の存在がなければ、以降に続く数多くの作品群はあり得ない訳なのだ。

あと、ふたりいる。

ひとりは立花藤兵衛 (Tobei Tachibana) [演:小林昭二 (Akiji Kobayashi)] で、ひとりは滝和也 (Kazuya Taki) [演:千葉治郎 (Jiro Chiba)] だ。
このふたりが孤独な逃亡者である仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) の物語に関わる事によって、物語は次第に、個と集団との闘いから集団と集団との闘いへと変質していく。
つまり、悪の組織ショッカー (Shocker) に対抗し得る勢力を、立花藤兵衛 (Tobei Tachibana) と滝和也 (Kazuya Taki) とが結集していく事になるからだ。少年仮面ライダー隊 (The Boys' Kamen Rider Squad) と謂う集団が、彼らふたりの成果と謂っても良い。

と、謂う様な事を考えていくと、ここでもひとつの疑義が生じる。
本郷猛 (Takeshi Hongo) がショッカー (Shocker) に改造手術を行われる前から、彼の師であった立花藤兵衛 (Tobei Tachibana) が、本郷猛 (Takeshi Hongo) とショッカー (Shocker) との闘争に巻き込まれる様な形を経て、仮面ライダー (Kamen Rider) への協力者としての地位を築いた点を考慮すれば、滝和也 (Kazuya Taki) は何故、その地位を得たのだろうか。

彼は合衆国連邦捜査局 (Federal Bureau Of Investigation : FBI) の秘密捜査官 (Agent) なのである。
にも関わらずに、この物語に、彼の出自が介入する様な事はなかった様な記憶がある。
つまり、仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) とショッカー (Shocker) の闘いに於いて、滝和也 (Kazuya Taki) 個人ではない、彼の背後に控える合衆国連邦捜査局 (Federal Bureau Of Investigation : FBI) と謂う大きな組織が物語に深く関わる様な事はなかったのではないか。

もしかすると、滝和也 (Kazuya Taki) と謂う人物は本業である秘密捜査官 (Agent) と謂う地位を忘れて、仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) と共闘していたのかもしれず、もしかすると、本来の彼に任務には、ここには描かれていないモノがあったのかもしれない。

例えば、もし、仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) が寝返ったとしたら、いやそうではなくても、ショッカー (Shocker) とは別の勢力の一員と化したとしたら、その存在はショッカー (Shocker) 以上の脅威になるのかもしれない。それ故に、仮面ライダー本郷猛 (Takeshi Hongo aka Kamen Rider) の協力者として顕れて随時、彼を深く追跡調査しておく必要がある。
そんな滝和也 (Kazuya Taki) の密命を、ぼくは空想してみたりしているのだ。

images
上掲画像は、仮面ライダースナック (Kamen Rider Snack) 19711973カルビー製菓 (Calbee, Inc.)製造販売] の封入特典『仮面ライダーカード (Kamen Rider Cards)』の『324番 FBI捜査官滝和也』。
裏面にはこう記されている。
「滝は、世界を駆け回るFBIの捜査官だ。そして、少年仮面ライダー隊の隊長だ。滝は、ショッカーの捜査のために日本にやってきたんだ。FBIの捜査官の中でも、滝の格闘術は、もともと超一流だった。今は、毎日、本郷と共に訓練しているので、ますます強くなっている。」

次回は「」。

附記:
滝和也 (Kazuya Taki) と謂う役は、本郷猛 (Takeshi Hongo) を演じた藤岡弘 (Hiroshi Fujiwara) の重傷を受けてのモノである窮余の策である事は充分承知の上だ。
関連記事

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2077-e4a94b42

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here