2016.07.22.12.39

Come With Me Now

その科白をうらづけるように、おれのめのまえには、さしだされた掌がある。
そしておれの背中をぞっとつめたい汗がつたわっておちる。
おれにはもう、それしかうつてはないのか。

やつの魂胆はてにとるようにわかる。
にぎったが最期、おれの一切がおわる。

だがそれを拒絶すれば、ここでおれもおしまいだ。
あとがないのは、火をみるよりもあきらかだ。

いくのもひくのもここは地獄だ。
死はうつくしく生はくるしい。だからといって、死んで花見がさくとはかぎらない。
悪魔に魂をうれば、うったおれはどこにいる。悪魔の手先がおれなのか、悪魔の手許にあるのがおれなのか。だれもそれをおしえてはくれなかった。

やつはわらっている。
ここまでおいつめれば、どちらにころんでも、やつのかちだ。
敗北者のおれにできるのは、受諾をするのか、拒絶をするのか。
しかし、まけはまけだ。

あとはどうにでもなれ、そんな諦念の域に達することができぬまま、いつまでもおれはめのまえの掌を凝視しているのだ。

[the text inspired from the song "Come With Me Now" from the album "Lunatic" by Kongos]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/2068-3ef1221f

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here