2016.03.18.12.44

Kneeling Drunkard's Plea

いいか、よくおぼえておけ。

班長は屍体を一瞥するなり、こうきりだした。

大概の屍体はうつぶせだ。なぜならば、最後の最後までいきようという意思がはたらくからな、人間には。

いきるためにはおきなければならない。おきれなくてもまえにすすまなければならない。そのためには一旦、はらばいになるしかないんだ。

もちろん、病人や怪我人はちがうよ。やつらは、ほかのものにねかしつけられているからな。ある意味で、やつらは死の準備をさせられているといってもいい。
手術をおえて、病室へはこびこまれる。そこでおこなわれるのは蘇生の儀式だといってもいいだろう。

だから、こうやって往来であおむけになっていってしまっている場合は、それなりの理由があるはずだ。
そいつの正面から凶器、さもなければ致命傷をおわせるものがやってきたか、それとも。
いずれにしろ、ほとんどの場合が即死だとかんがえてもいいかもしれない。

[the text inspired from the song "Kneeling Drunkard's Plea" from the album "Unchained" by Johnny Cash with Tom Petty And The Heartbreakers]

images
Originally, the song "Kneeling Drunkard's Plea"
from the album "Satan Is Real" by The Louvin Brothers

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1979-8f1c8391

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here