2015.12.15.13.35

いなかもの

田舎者 (Hillbilly) は自分自身が田舎者 (Hillbilly) であると謂う自覚がない。
田舎者 (Hillbilly) は他者を田舎者 (Hillbilly) であると指摘する事が得意だ。
田舎者 (Hillbilly) は時折、ことさらに自身を田舎者 (Hillbilly) であると主張する。

拙稿冒頭に、田舎者 (Hillbilly) の定義めいたモノを列挙したが、ここで謂う田舎者 (Hillbilly) とは所謂、地方出身者 (Provincial) を指しての事ではない。

但し、地方出身者 (Provincial) と謂う語句自体が非常に誤解を産みやすい表現なのではある。
先にそこを明確なモノにしてから、本題である田舎者 (Hillbilly) について考えてみたい。その方が、上に登場した田舎者 (Hillbilly) と謂う存在も共に明瞭になるのに違いない。

一般的な、辞書的な説明をもってすれば、地方出身者 (Provincial) とは、都会 (City) に対する地方 (Countryside)、と謂うよりも、東京 (Tokyo) に対する地方 (Countryside)、もうちょっと突っ込んでみると、都心 (The Center Of Tokyo) に対する地方 (Countryside) と謂う分別があって、発生する言語だと思う。
つまり、極めて限定された地域、否、それよりももっと狭い一局に対してその他と謂う区分けである。
本来ならば、それはもっと相対的な意味をもって使われるのにしくべきモノである筈である。

だが、必ずしも、そうであるとは謂い難い。
解りやすく謂えば、南洋に浮かぶ小島にあっては、東京都 (Tokyo Metropolis) で出生した人物はその地においては地方出身者 (Provincial) と呼ばれるべき所以があってしかるべきだが、決してその様な場所でその様な人物をその様に呼ぶとは考えられない。
だがしかし、その小島の行政区分が東京都 (Tokyo Metropolis) にあり、かの人物が都内23区 (Special Wards Of Tokyo) のいずれかで出生したとしたら、彼がその地に棲む多くの人々を地方出身者 (Provincial) と思うのは、誰も妨げない。
と、なると、かの人物の出生地が関西 (The Kansai Region) だとしたら、果たしてどうなるのだろうか。

その一方で、東京 (Tokyo) と謂う語句が指し示すモノも非常に曖昧である上に、その語句が指し示す場所もかつてのそれよりも広範なモノへと変節している様に思える。
例えば、東京ディズニーリゾート (Tokyo Disney Resort) の所在地は千葉県 (Chiba Prefecture)浦安市 (Urayasu City) だ。
その一方で、上に登場した小島の行政区分が東京都 (Tokyo Metropolis) であれば、それはそれでぼく達の中には異なる違和感が産まれてしまう。

あらためて綴れば、地方出身者 (Provincial) とは、自身の出生地とその人物が暮らしている場所乃至は現在居る場所とが一致しない者を指している語句の筈である。
しかしながら、現在の使用法は、非東京出身者 (The Person From Non-Tokyo) である。しかもその上に、その前提たる東京 (Tokyo) と謂うモノが曖昧模糊とした使用を許していると謂う現状がある。
出生地 (Place Of Birth) と謂う、一見自明な存在を根拠にした言説である地方出身者 (Provincial) が、この様に不安定な場所にあるのだ。

そしてさらに謂えば、田舎者 (Hillbilly) と謂う語句は、出生地 (Place Of Birth) と謂うモノすらも根拠に置いていない。もっと情緒的なモノを拠点に於いて、そう命名されているのだ。

盆暮れの帰省シーズンによく顕れる言説のひとつとして"田舎がない"と謂う語句がある。
本来ならば、この街の出身者であるが故に帰省する必要がないと謂う意味合いの筈が、転ずるに転じて、都会産まれだから田舎は未体験であると謂う含意を含んでしまっている。
つまり、わたしは田舎者 (Hillbilly) ではない、と謂う自負だ。

だが、拙稿冒頭に掲げた田舎者 (Hillbilly) の定義に従えば、そんな含意をもって発言するその人物こそが田舎者 (Hillbilly) の最たるモノに適応する。

つまり、田舎者 (Hillbilly) とは自身のアイデンティティ (Identity) に無自覚な人物もしくは、過剰に自覚的である人物を指しての謂なのである。
東京 (Tokyo) 生まれの東京育ち (Tokyo) であろうとも、その人物が田舎者 (Hillbilly) である事を否定する謂れとはならないのだ。

images
田舎者 (Hillbilly) を主題とした物語と謂えば、海外ドラマで謂えば『じゃじゃ馬億万長者 (The Beverly Hillbillies)』 [19621971CBS制作] があり、国内アニメ番組で謂えば『いなかっぺ大将 (Inakappe Taisho)』 [原作:川崎のぼる (Noboru Kawasaki) 19701972) 年 フジテレビ系列放映] がある。そのどちらも地方出身者が引き起こすカルチャーショック (Culture shock) とそこから沸き起こるアイデンティティ・クライシス (IdentityCrisis) が主題だ。
だから番組を観るぼく達の殆どは、主人公達の行動や思考の混乱を笑っていれば良いが、時として、笑って観ているぼく達が逆に、彼らから笑われていると謂う逆転がない訳ではない。
イソップ寓話 (Aesop's Fables) の『田舎のネズミと町のネズミ (The Town Mouse And The Country Mouse)』では、異なる出生地をもつ2匹の鼠が、それぞれの見知らぬ土地に連れてかれて右往左往する物語だが、上のふたつの物語では、TV画面を挟んでそれぞれがそれぞれの混乱を見届けているのだ。
もしかすると視聴者の大半である田舎者 (Hillbilly) が、そんな番組を観て溜飲を下げているのかもしれない。
[掲載画像は『じゃじゃ馬億万長者 (The Beverly Hillbillies)』 [19621971CBS制作] の映画化作品『ビバリー・ヒルビリーズ / じゃじゃ馬億万長者 (The Beverly Hillbillies)』 [ペネロープ・スフィーリス (Penelope Spheeris) 監督作品 1993年制作] のポスター]

次回は「」。
関連記事

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1912-46622353

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here