2015.11.20.12.07

Trans-Europe Express

現場はみるも無惨なものだった。

さいわいだれひとりとして、被害にはあわなかった。
死者もけがにんも。
緊急をようするとはやくにわかった点と、最悪時を想定した当局の対応がまさった点だ。
だが、破壊されたものとうしなったものは、けっしてちいさくはない。

駅はしばらくは使用不能だろう。
駅だけではない。その周囲の道路も建物も破壊に破壊されている。
最新鋭の列車が1輛、最高速で終着駅に激突したのだから。

しかも破壊されたのは建造物だけではない。
安心も安全も、だ。
もしかするとこれが一国の経済やその未来をもゆるがすのかもしれない。

冒頭、被害者は皆無だとかいた。
しかし、これはおかしい。

暴走が判明し、それを回避する手段が皆無だとわかった時点で、客車は連結を解除した。
だから、そこにいる乗客と乗員は無事だ。

だが、先頭車両にいた筈の、運転士が行方不明なのだ。

ちまたでは彼こそがこの惨事の張本人だという。だがその証拠もない。

これからの検証次第で、さまざまな事実がいずれわかるだろう。

だが、その日その時、ながれぼしをみた。
目撃者はなんにんもいる。

[the text inspired from the song "Trans-Europe Express" from the album "Trans-Europe Express" by Kraftwerk]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1894-df15ce46

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here