2015.10.02.12.08

Material Girl

モニターをスクロールしていると、ふとくちからもれた。
「これでできるのか」

かえってくることばはいつもおんなじだ。
「ああ、今度こそ大丈夫だ」
「前回の失敗はふまえた。最新データで調整してある」

おれたちは現代のフランケンシュタインだ。だからといって、屍体をぬすみだすわけじゃない。人体の組成式はわかっている。必要なものをぜんぶそろえて、あとはつなぐだけだ。

最初の1,000回は蛋白質のかたまりができただけだった。組織が生成できるのに、もう1,000回。だが、それでも試験管のなかの標本にしかならぬ。新陳代謝できるものが誕生したのはその倍の時間だ。

いきものができても、それは智慧もなければ本能もない。生命を維持するのに必要な生成物はすべてこちらが準備してやらねばならぬ。いきものではない。いかされているものだ。ぶっといチューヴが何本もそいつのからだに挿入された。

「今回はおまえのこのみのおんなにしたぜ。身長、体重、スリーサイズ。ねんのため、最終チェックをしてくれ。もうキューヴはごめんだからな」

キューヴというのは、最初にできたいきものだ。体内の組成比は完璧だったが、その配分を入力していない。つまり、すべてが均等に生成された結果、できたのは肉色の立方体というわけだ。

「つまらない冗談はよせ。おれたちにはまだ、生殖器の謎が解明できていないのだから。はらませたくても、つっこむくちがないだろう」

おれたちの実験成果を踏まえてそのシステムを小型化し、それをあらたな肉体に内蔵させる。
子宮の方が簡単なのだ。

[the text inspired from the song "Material Girl" from the album "Like A Virgin" by Madonna]

images
the single for the song "Material Girl" by Madonna

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1861-634c0cea

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here