2015.09.25.12.22

Left Behind

少年はだれでも生涯に一度、めのまえにたからのやまがあることにきづく。
そして、そのなかにわけいり、てあたり次第に、かかえこもうとする。

だがかなしいことにかれのうでは2本しかなく、時はどんどんとすぎてゆく。かれの身は、そこからあっというまにひきはなされてしまうのだ。

かれのうでにはわずかばかりの戦利品がのこされている。それがかれにとって必須のものなのかいなか、のぞみの品かいなかは、かれにもわからない。ただし、ほんのすこしばかりの幸福なおもいでの、その証拠の品であることにはかわりはない。
いとおしい、最愛の品であることは事実なのだ。

少年はそうしてだれもがとしおいていく。
それはおれもおなじだ。

少女のことはどこぞのばばあにきいてくれ。おれにはわからない。

ただ、またいつかあそこへかえれる日がくるとしんじている。
だから、それまでこれはけっしてすてられないのだ。

[the text inspired from the song "Left Behind" from the album "Iowa" by Slipknot]

images
the single for the song "Left Behind" by Slipknot

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1857-24237430

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here