2015.08.07.12.21

End Of The Road

「またか」
「どうやらな」

わかりきったことだが、いまのおれたちにはきまりきったことしかできない。
くるまをおりて、確認する。
ばかばかしいが、ここでもおなじだ。みちはここでおわっている。

ふるい映画のやきなおしのようなジェスチャーをして、くるまにもどる。

「どうするんだ」
「もどる」
「それから」
「みぎのみちをいく」

ナビはとっくのむかしにやくたたずだ。それでもつけているのは、そこにまちもみちもうつしだされているからだ。
おれたちはにげてきた。おれたちがさがしているのはにげばだ。にげみちだ。
だが、どのみちをいっても寸断されている。そこからさきへはけっしていけない。
だからといって、もどるわけにもいかないのだ。
おれたちはそこからにげだしたからだ。

「なぁ、ひとつきいてもいいか」
「ああ」
「さっきからおれたちはずっとひだりへひだりへとすすんでいる。そのさきがいきどまりならばもときたみちへひきかえして、こんどはみぎをえらぶ」
「ああ」
「アリアドネのいないおれたちには賢明だ。だが、それもいりくんだ迷路のむこうにゴールがあるという前提だ」
「ああ」
「もしもそれがなかったなら、おれたちはどうなる」
「そこからさきはかんがえるのもこたえるのもいやだ」

[the text inspired from the song "End Of The Road" from the album "Cooleyhighharmony" by Boyz II Men for the movie "Boomerang" directed by Reginald Hudlin]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1823-6f733949

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here