2015.07.10.12.03

Ain't It Fun

ある夜のことだ。
ベッドにはいってうとうとしていると、父が部屋にはいってきた。
ぼくの顔を一瞥してこういった。

「なんだ、まだおきていたのか」

「ねむくないのか、ねむれないのか。そうか」

ひとりごとをいいながら、勉強机のわきの椅子をひきよせて、ぼくのそばにすわりこんだ。
はくいきがくさい。また、よっているのだろう。

「じゃあ、おまえがねむくなるまではなしでもするか」

勝手にむかしばなしをはじめた。
絵本や童話が必要なとしではもう、とっくにない。
だが、よっぱらいの父にさからうのが得策でないことも、充分に承知している。
彼のすきにさせる。

父がかたるおはなしは、昔話の主人公夫妻のわかいころの物語だった。彼らが老いとしをとるまえの、独身時代のエピドードだ。
きっと即興のくちからでまかせだろう。
よって呂律もまわらないうえに、前後のつじつまがあわない。まったくのでたらめだ。

どうでもいいはなしだった。
だが、だまってそれをきいていた。
なにかをぼくにつたえたかったのだろう。

ふたりが一緒にくらすまえで物語は中断した。ぼくがねむるよりもさきに、彼のほうがさきにねむりこけたのだ。

だから、ながれてきた桃をひろうのが、父の創作のヒロインなのかは、わからない。
その夜が、彼にあったさいごなのだ。

桃もながっれぱなしできっと、海まででて、そこでくさりはてるのだろう。

[the text inspired from the song "Ain't It Fun" from the album "Paramore" by Paramore]

images
the single for the song "Ain't It Fun" by Paramore

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1804-3a91b7b6

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here