2015.06.21.10.39

"Manfred Mann at Abbey Road 1963 to 1966" by Manfred Mann

images
収録された楽曲は、マンフレッド・マン (Manfred Mann) がイー・エム・アイ (EMI) 傘下のエイチ・エム・ヴイ (HMV) に所属していた時代に発表したシングル楽曲全曲と幾つかのEP収録楽曲等から編集されたアルバム。未発表楽曲も2曲収録されている。
ちょうど初代ヴォーカリストのポール・ジョーンズ (Paul Jones) 在籍時代だ。

だがしかしながら、本作品の主人公はマンフレッド・マン (Manfred Mann) と謂うバンドでもないし、その最初の黄金期を成したポール・ジョーンズ (Paul Jones) でもない。本作品収録楽曲群をレコーディングしたスタジオ、アビー・ロード・スタジオ (Abbey Road Studios) が本作品の主人公なのである。

本作品が発表されたのは1997年。アビー・ロード・スタジオ (Abbey Road Studios) が、それまでの名称であったイー・エム・アイ・レコーディング・スタジオ (EMI Recording Studios) から現行のモノへと改名されてから30年が経過、それを期して発表された幾つもあるコンピレーション盤 (Compilation Album) のそのひとつである。

本作品の他に、ホリーズ (The Hollies)、ジェリー・アンド・ザ・ペースメーカーズ (Gerry And The Pacemakers)、ザ・シャドウズ (The Shadows)、ビリー・ジェイ・クレイマー (Billy J. Kramer)、ヘレン・シャピロ (Helen Shapiro) 名義の編集盤 (Compilation Album) と数枚のコンピレーション・アルバム (Compilation Album) が発売された。

だから、アルバム・ジャケットにはバンド・メンバーよりも収録機材の方が大きくレイアウトされているし、その中に封入されたブックレットにもスタジオに関する記述や写真の方が重きを成している。

とは謂うモノの、収録楽曲を提供したかたちになっているマンフレッド・マン (Manfred Mann) に関しての資料も満載だ。
バンド解散後に発表される所謂編集盤 (Compilation Album) にしては、各楽曲に関する非常に精細なデータも揃っている。
発売された当時のレコード番号 (Record Number) やマトリクス番号 (Matrix Number) までも記載されていて、それは逆に、レコーディングしたスタジオが主役ならではの事なのかもしれない。

アビー・ロード・スタジオ (Abbey Road Studios) が主役のコンピレーション・アルバム (Compilation Album) と謂う位置付けを厳格に厳守するのであるのならば、この記事はここで終わってもいいのだろう。

でも、それでは余りに収録楽曲を提供したマンフレッド・マン (Manfred Mann) に対して薄情だ。
だから、ここから後は、脇に廻った格好であるバンドについて語る。

マンフレッド・マン (Manfred Mann) と謂うバンドは非常に語りにくいバンドだ。
1960年代前半 (The Early 1960's) にデヴューした幾つもあるバンドの中に置いても、非常に異なる場所に彼らはいる。その中の幾つかはブリティッシュ・インヴェイジョン (British Invasion) と謂う名で語られる様に、全米デヴュー乃至は全世界デヴューを果たしたモノもあるが、その中に彼らを加えてもいいのだろうか。英国内のドメスティックな人気に留まっていた様にぼくには思える。

彼らの最初期の代表曲に『ファイヴ・フォー・スリー・トゥー・ワン (5-4-3-2-1)』 [1963年発表] があるが、これは当時の人気音楽番組『レディ・ステディ・ゴー (Ready Steady Go!)』[アソシエーテッド・レディフュージョン (Associated - Rediffusion) 制作 19631966年放映] のオープニング・ナンバーだ。にも関わらずに、その番組に登場する人気バンドとは微妙に一線を画している様な気がする。

出自が違うのだ。
当時の英国のバンドは大なり小なり、米国の黒人音楽 (Black Music) の影響下にあって、マンフレッド・マン (Manfred Mann) もそれは同様だ。だけれども、幾つものバンドが影響されたモータウン (Motown Records) やスタックス (Stax Records) やチェス (Chess Records) の直接の支配下にはいない様な気がする。彼らに影響を与えたのはブルーノート (Blue Note Recoords) ではないのだろうか。
つまり、ジャズ (Jazz) だ。
その証左に相応しいか否かは自信はないのだけれども、発表当時は殆ど見向きもされなかったらしい、インストゥルメンタル・アルバム (Instrumental Records)『ソウル・オヴ・マン (Soul Of Mann)』 [1967年発表] は、現在では彼らの代表作と謂う位置付けがされている。

そおゆう視点で彼らを観てしまうと、もう少し後の時代に登場したインプロヴィゼーション (Inprovisation) を主体とするバンド群の魁なのかなぁとも思う。ジャック・ブルース (Jack Bruce) [19651966年在籍] がクリーム (Cream) 結成前に在籍していたのは、このバンドだ。
だが、残念ながら、それらのバンド群のもうひとつのキー・ワードとなるサイケデリック (Psychederic) なるモノは、このバンドには欠けている様にも思える。

どうしたらいいのだろうか。

マンフレッド・マン (Manfred Mann) のかつてのメンバー達はザ・マンフレッズ (The Manfreds) を結成して活躍中だが、そこにはバンド名の基でもあるリーダー、マンフレッド・マン (Manfred Mann) は不在だ。彼は自身のバンド、マンフレッド・マンズ・アース・バンド ( Manfred Mann's Earth Band) で活動をしている。
本作品に於いても、記事を寄せているのは1964年からバンドに加わったトム・マッギネス (Tom McGuinness) [ザ・マンフレッズ (The Manfreds) にも所属] であって、かつてのリーダーであるマンフレッド・マン (Manfred Mann) はここにもいない。

その辺りに臥わる諸事情が、このバンドを語りづらくさせているのだろうか。
ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys) とブライアン・ウィルソン (Brian Wilson)、ザ・バンド (The Band) とロビー・ロバートソン (Robbie Robertson) にも同種の問題はそこにはあるのだが。

ものづくし(click in the world!)152. :
"Manfred Mann at Abbey Road 1963 to 1966" by Manfred Mann


images
"Manfred Mann at Abbey Road 1963 to 1966" by Manfred Mann

1. WHY SHOULD WE NOT 2.33
 WRITER : MANN
 RECORDED : MAY 23 1963 TAKE 6
 RECORD NUMBER : HMV POP 1189 JULY 26 1963
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20315

2. BROTHER JACK (FRERE JAQUES) 2.52
 WRITER : TRAD / ARR. MANFRED MANN
 RECORDED : MAY 23 1963 TAKE 3
 RECORD NUMBER : HMV POP 1189 JULY 26 1963
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20316

3. WITHOUT YOU 1.52 (PREVIOUSLY UNRELEASED)
 WRITER : JONES
 RECORDED : MAY 23 1963 TAKE 2
 RECORD NUMBER : N/A
 STATUS : MONO
 MATRIX : N/A

4. COCK-A HOOP 2.05
 WRITER : JONES
 RECORDED : SEPTEMBER 30 1963 TAKE 7
 RECORD NUMBER : HMV POP 1225 NOVEMBER 8 1963
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20337

5. NOW YOU'RE NEEDING ME 2.05
 WRITER : JONES
 RECORDED : SEPTEMBER 30 1963 TAKE 7
 RECORD NUMBER : HMV POP 1225 NOVEMBER 8 1963
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20338

6. 5-4-3-2-1 1.57
 WRITERS : JONES / HUGG / MANN
 RECORDED : DECEMBER 17 1963
 RECORD NUMBER : HMV POP 1252 JANUARY 10 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20343

7. WITHOUT YOU 2.19
 WRITER : JONES
 RECORDED : DECEMBER 17 1963 TAKE 3
 RECORD NUMBER : HMV POP 1252 JANUARY 10 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20344

8. HUBBLE BUBBLE (TOIL AND TROUBLE) 2.24
 WRITERS : HUGG / JONES / MANN / McGUINNESS / VICKERS
 RECORDED : MARCH 2 1964 TAKE 10/12
 RECORD NUMBER : HMV POP 1282 APRIL 10 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20826

9. I'M YOUR KINGPIN 2.49
 WRITERS : MANN / JONES
 RECORDED : MARCH 6 1964 TAKE 3
 RECORD NUMBER : HMV POP 1282 APRIL 10 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20827

10. AIN'T THAT LOVE 2.15 (PREVIOUSLY UNRELEASED)
 WRITERS : JONES / HUGG / VICKERS / MANN / McGUINNESS
 RECORDED : MARCH 13 1964 TAKE 9
 RECORD NUMBER : N/A
 STATUS : MONO
 MATRIX : N/A

11. DO WAH DIDDY DIDDY 2.22
 WRITERS : BARRY / GREENWICH
 RECORDED : JUNE 11 + 22 1964
 RECORD NUMBER : HMV POP 1320 JULY 10 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20991

12. WHAT ARE YOU GONNA DO? 2.33
 WRITERS : MANN / JONES
 RECORDED : JUNE 5 1964 TAKE 5
 RECORD NUMBER : HMV POP 1320 JULY 10 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20992

13. SHA LA LA 2.30
 WRITERS : TAYLOR / MOSLEY
 RECORDED : SEPTEMBER 22 1964
 RECORD NUMBER : HMV POP 1346 OCTOBER 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20998

14. JOHN HARDY 2.05
 WRITERS : TRADITIONAL / ARR.
 RECORDED : SEPTEMBER 2 1964 TAKE 5
 RECORD NUMBER : HMV POP 1346 OCTOBER 9 1964
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 20999

15. COME TOMORROW 2.46
 WRITERS : PHILIPS / ELGIN / AUGUSTUS
 RECORDED : NOVEMBER 19 +26 1964 TAKE 26
 RECORD NUMBER : HMV POP 1381 JANUARY 8 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 21170

16. WHAT DID I DO WRONG 3.51
 WRITER : McGUINNESS
 RECORDED : NOBEMBER 26 1964 TAKE 4
 RECORD NUMBER : HMV POP 1381 JANUARY 8 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 21171

17. OH NO NOT MY BABAY 2.21
 WRITERS : GOFFIN / KING
 RECORDED : MARCH 16 1965 TAKE 5
 RECORD NUMBER : HMV POP 1413 APRIL 9 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 21009

18. WHAT AM I DOING WRONG 2.37
 WRITERS : HUGG
 RECORDED : MARCH 16 1965 TAKE 5
 RECORD NUMBER : HMV POP 1413 APRIL 9 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 21010

19. WHAT AM I TO DO 2.38
 WRITERS : POMUS / SPECTOR
 RECORDED : MARCH 12 1965 TAKE 6
 RECORD NUMBER : 7EG 8908 JUNE 4 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7TEA 2095

20. THE ONE IN THE MIDDLE 2.38
 WRITER : JONES
 RECORDED : JULY 28 1965 TAKE 5
 RECORD NUMBER : 7EG 8908 JUNE 4 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7TEA 2094

21. I CAN'T BELIEVE WHAT YOU SAY 2.19
 WRITER : IKE TURNER
 RECORDED : MARCH 16 / APRIL 5 1965 TAKE 4
 RECORD NUMBER : 7EG 8962 OCTOBER 7 1966
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7TEA 2198

22. IF YOU GOTTA GO, GO NOW 2.31
 WRITER : BOB DYLAN
 RECORDED : JULY 19 1965 TAKE 6
 RECORD NUMBER : HMV POP 1466 SEPTEMBER 10 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 21331

23. STAY AROUND 2.25
 WRITER : VICKERS
 RECORDED : AUGUST 2 1965 TAKE 3
 RECORD NUMBER : HMV POP 1466 SEPTEMBER 10 1965
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 21332

24. THAT'S ALL I EVER WANT FROM YOU BABY 2.33
 WRITER : BARRY / GREENWICH
 RECORDED : DECEMBER 15 1965 TAKE 5
 RECORD NUMBER : 7EG 8962 OCTOBER7 1966
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7TEA 2198

25. PRETTY FLAMINGO 2.34
 WRITER : BARKAN
 RECORDED : MARCH 18 1966 TAKE 1
 RECORD NUMBER : HMV POP 1523 APRIL 15 1966
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 22025

26. YOU'RE STANDING BY 2.59
 WRITER : McGUINNESS
 RECORDED : JANUARY 24 1966 TAKE 1
 RECORD NUMBER : HMV POP 1523 APRIL 15 1966
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 22026

27. YOU GAVE ME SOMEBODY TO LOVE 3.04
 WRITERS : ROSS / ANDREOLI / PONCIA
 RECORDED : MAY24 / SEPTEMBER 30 1965 TAKE 3
 RECORD NUMBER : HMV POP 1541 JULY 18 1966
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 22029

28. POISON IVY 2.52
 WRITERS : LEIBER / STOLLER
 RECORDED : MARCH 17 1965 TAKE 3
 RECORD NUMBER : HMV POP 1541 JULY 18 1966
 STATUS : MONO
 MATRIX : 7XEA 22030

Tracks 1-7
Paul Jones (vocals, harmonica and backing vocals)
Mike Vickers (guitar, saxophone, flute and backing vocals)
Dave Richmond (bass and backing vocals)
Mike Hugg (drums, vibes and backing vocals)
Manfred Mann (keyboards and backing vocals)

Tracks 8-23, 27 & 28
Paul Jones (vocals, harmonica and backing vocals)
Mike Vickers (guitar, saxophone, flute and backing vocals)
Mike Hugg (drums, vibes and backing vocals)
Tom McGuinness (bass and backing vocals)
Manfred Mann (keyboards and backing vocals)

Track 16 / 22
As above plus Tom McGuinness (guitar / rhythm guitar)

Track 25 & 26
Paul Jones (vocals, harmonica and backing vocals)
Tom McGuinness (guitar and backing vocals)
Jack Bruce (bass and backing Vocals)
Mike Hugg (drums, vibes and backing vocals)
Manfred Mann (keyboards and backing vocals)
Lyn Dobson (saxophone and flute)
Henry Lowther (trumpet)

Track 24
As above except Tom McGuinness also plays bass

Track 27
String arranged by Mike Vickers
Backing vocals by The Three Bells

All tracks Copyright Control

ALL TRACKS RECORDED AT ABBEY ROAD
ALL TRACKS PRODUCED BY JOHN BURGESS
MAIN ENGINEER : NORMAN SMITH

Series compiler and producer : Tim Chacksfield
Notes information, and guidance : Tom McGuinness
Package design and general formation of all knowledge : Philip Lloyd-Smee
Digitally transfers by Terry Burch and Ron Hill
Tape research beyond the call of duty : Cary Anning
Photo research : Janet Lord
Remastering and digital editing by Peter Mew

Thanks to :
At EMI : Nigel Reeve, Mike Heatley and Steve Davis. At Abbey Road : Martin Benge, Chris Buchanan, Peter Vince, Allan Rouse, Maggie O'sullivan
EMI Archive especially Suzanne Lewis

Liner-notes by
mono verses stereo by Peter R. Vince (3 June 1997)
As with so may things, … by Tom McGuinness (June 1997)
Abbey Road -a story by Brian Southall, Peter Vince and Allan Rose (taken from the book "Abbey Road")
Abbey Road Studios by Chris Buchanan June 1997

(P) 1997 THE COPYRIGHT IN THIS COMPILATION IS OWED BY EMI RECORDS LTD.
(C) 1997 EMI RECORDS LTD.
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1792-14eb61bd

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here