2015.06.19.10.42

X-Ray

その盲人がぼくに語ったことばは、おおむね、つぎのようなものだった。

むかしはふつうの生活だった。めもみえていた。いまでは一歩もあるけない。ひとりではなにもできない。

ふとしたはずみで、ひとがみえないものがみえるようになった。いや、ゆめやまぼろしではない。きもくるってはいない。

そうさな、すけてみえるんだ。洋服のうちがわ、かべのむこう、もののかげ、そんなものが、な。

透視っていうのかな。荒唐無稽な物語に登場する超人の、あれさ。

最初はよろこんださ、わかかったしな。まちをいくおんながみんな、はだかなんだから。

うせものもすぐにみつかる。おれにかくしごとはできない。はは。有頂天さ。

やすみの日に街角にすわってな、口上をのべるのさ。千里眼でござい。こずかい銭くらいはかせげたよ。
たねもしかけもないからな。ひとのポケットの内側をあらいざらい、かぞえたてればいい。

そこでおわってくれれば、よかったんだがな。
もっともっと、みえるようになっちまったのさ。

おんなのはだかのそのなかみ、かべのむこうのそのまたむこう。

しかもそこからさらにひどくなる。
なんでもかんでもみえてしまう。
かわのそこ、つちのなか、やまのむこうまでさ。

おれのめをさえぎるものはない。どこまでもどこまでもおみとおしさ。

そして、このざまさ。なんにもみえなくなっちまいやがった。いや、ちからはまだある。いや、むかしよりもさらに、さ。みえるのさ。

ただ、なんでもすけてみえるかわりに、手前のものが一切、みえない。おまえもこえだけがきこえる。

そらもくももうみもみえない。おれの足下のじべたもさ。
まっしろい闇のなか、なんにもない空間におれはうかんでいるのさ。

ただただ、ひかりがみえる。
わかるのはこの掌にふれているものの感触だけだ。

[the text inspired from the song "X-Ray" from the album "Colour It In" by The Maccabees]

images
the single for the song "X-Ray" by The Maccabees

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

http://tai4oyo.blog108.fc2.com/tb.php/1790-6e2ebe09

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here