FC2ブログ

2018.10.02.08.52

たからじま

ぼくはそのとき『あしながおじさん (Daddy-Long-Legs)』 [作:ジーン・ウェブスター (Jean Webster) 1912年発表] を読んでいた。ジュブナイル (Juvenile)、児童向けの本だ。小学校2年生のときだとおもう。両親のいずれか、もしくは近所に棲む親戚が買い与えたものだ。ただ、買い与えたとはいうものの、その決定権はぼくにあった様に記憶している。近所の書店につれていかれ「このコーナーにあるなかから1冊」そんな条件のもとで選んだ筈なのだ。これはマンガ (Comic) は買ってやらないと謂う意思表示でもある。選んだのはいいが、何故、それにしたのかがいまのぼくにとっては、てんでよく解らない。と、謂うのは、その物語の主人公は少女で、そしてそれであるが故に、ぼくに共感や感動が起ころうとも思えないのだ。

read a continuance of : "たからじま"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop