FC2ブログ

2018.06.05.08.38

らごんのちぶさ

TV番組『ウルトラQ (Ultra Q)』 [1966TBS系列放映]、その第20話『海底原人ラゴン (The Undersea Humanoid Ragon)』 [脚本:山浦弘靖大伴昌司野長瀬三摩地 監督:野長瀬三摩地 特技監督:的場徹] に登場するタイトル・ロール (Title Role)、海底原人ラゴン (The Undersea Humanoid Ragon) は雌 (Female) である。そこに立脚する事によって、この物語の殆どは成立している。
そして、この物語にとって大事な点、海底原人ラゴン (The Undersea Humanoid Ragon) は卵生 (Oviparity) であり、その点を看過してしまうと、これもまた物語は成立しえない。
しかし、卵生 (Oviparity) である海底原人ラゴン (The Undersea Humanoid Ragon) には、その雌性 (Female) ないしは母性 (Maternal) の顕現として、その胸に乳房が与えられているのである。

read a continuance of : "らごんのちぶさ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop