2017.04.11.12.40

りありずむのやど

苦手な作品なのだ。
つげ義春 (Yoshiharu Tsuge) の、単行本なり選集なりを手にとってみれば大概、掲載されている。
実際に、家にある彼の作品集にも載っている。
だから、何度も読んだ。そして、読むたびにいつも、すっきりとはしない。
その作家の、他の幾つもの作品から抱く読後感とは、少し違う。
リアリズムの宿 (Realism No Yado : Inn By Realism)』 [1973株式会社双葉社 『漫画ストーリー』掲載 『紅い花 / やなぎ屋主人』等に収録] の事だ。

read a continuance of : "りありずむのやど"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop