2011.04.30.06.18

no. 203 massacre4killingtime

being for the benefit of mr. kite!
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no. 203 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.26.21.29

やじろべえ

やじろべえは孤独である。

read a continuance of : "やじろべえ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.24.15.15

『ほぼ日刊イトイ新聞』で大沢在昌『絆回廊 新宿鮫X』を読む:その四

ほぼ日刊イトイ新聞』(通称『ほぼ日』、以下その様に表記する)で連載されていた、大沢在昌『新宿鮫』シリーズ最新作『新宿鮫X 絆回廊』は、4月22日更新分の第28回で完結をみた。

その4月22日更新分の第28回でアナウンスされている事を、先ずは整理してみる。

新宿鮫X 絆回廊』は6月2日、光文社から単行本発売される。
ほぼ日』掲載文は、5月9日午前11時に、削除される。
但し、連載第一回と第二回だけはアーカイブとして保存される。

だから、未読の方で、ネット上で読みたいのならば、急いだ方がいい。
今ならば、作家自身による前半部あらすじの朗読 [トップ頁からアクセス可能] と、それに続く後半部総てを読む事が出来る。

read a continuance of : "『ほぼ日刊イトイ新聞』で大沢在昌『絆回廊 新宿鮫X』を読む:その四"

theme : 読書 - genre : 小説・文学

daily sometime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.23.12.15

no.202 massacre4killingtime

scary monsters (and super creeps)
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.202 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.19.21.27

いーらもじゃ

まるで呪文の様な表題は、ピーター・ガブリエル (Peter Gabriel) の楽曲『ビコ (Biko)』 [ソロ第三作『ピーターガブリエル III (Melt)』 [1980年発表] 収録] に登場する。その曲の重くのしかかる様なリフレインの中で、"Yihla Moja, Yihla Moja / -The Man Is Dead" と唄われている。"Yihla Moja"は、南アフリカ共和国 (South Africa) の公用語のひとつコサ語 (Xhosa) で、英訳すれば"Come Sprit"となり、日本語に解すれば「遺志を継げ」とも「精霊の降臨を願う」とも解釈出来ると言う。
あえて歌詞の前後の文脈に即して邦訳すれば、「彼の死に臨み、その衣鉢を継げ」
となるのであろうか。

read a continuance of : "いーらもじゃ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.17.08.52

『モンクス・ミュージック (MONK'S MUSIC)』 by セロニアス・モンク (THELONIOUS MONK SEPTET)

images
セロニアス・モンク (Thelonious Monk) が演奏する映像を観ると、吃驚してしまう。それは演奏途中にいきなり、ピアノ (Piano) を離れて踊り出してしまうからではない。そんな事を言い出したら、キース・ジャレット (Keith Jarrett) の立場がないではないか。セロニアス・モンク (Thelonious Monk) と違って、ソロ演奏をするキース・ジャレット (Keith Jarrett) はピアノ (Piano) の呪縛から逃れられないのだから。

そうではない。
彼、セロニアス・モンク (Thelonious Monk) が常に捜し物をしながら、そしてそれを見出せずに、常に捜し倦ねているからなのだ。

read a continuance of : "『モンクス・ミュージック (MONK'S MUSIC)』 by セロニアス・モンク (THELONIOUS MONK SEPTET)"

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.16.12.01

no. 201 massacre4killingtime

the fairy feller's master-stroke
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no. 201 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.13.00.56

『松岡正剛の千夜千冊 連環編:番外録 [2011年4月11日号] 東日本大震災・文芸春秋』を読む

早朝、眼が醒めた。夜が明けてまだ間もない。こんな時間に覚醒めるのは、珍しい事ではないのだけれども、意識も明瞭だし、身体も軽い。
いつもならば、重い躯を引きずって小用を足すか、からからに乾いた喉を潤すのに、精一杯だ。勿論、そのいずれかの用かもしくはその両方を済ませた後は、再びベッドに潜り込む。
ところが、今日の朝はそのまま起き出してしまって、起きた序でに、携帯の留守電とメールをチェックした。心身が軽い時に限って、悪い知らせは飛び込んで来るものだからだ。
いずれもスパムかそれまがいのものしか入っていないのを確認して、総て削除した後にネットを渉猟ってみた。

read a continuance of : "『松岡正剛の千夜千冊 連環編:番外録 [2011年4月11日号] 東日本大震災・文芸春秋』を読む"

theme : 読書 - genre : 小説・文学

out of the order | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.12.21.17

ぶれーめんのおんがくたい

あの、例の、驢馬 (Hausesel) と (Haushund) と (Hauskatze) と (Haushuhn) が出て来て、ひひんひひんわんわんにゃあにゃあこけこっこぉこけこっこぉと啼くやつだろう、そんなの知ってらぃ、てやんでぃ、ばかばかしい。
と、ちゃきちゃき江戸っ子 (Edokko) のふりをして斬り捨てたいのは山々だけれども、そうもいかない。
律儀に取り出して、あぁでもないこうでもないと、鵜目鷹目で観たついでに、でも観てみようというのが、この連載企画の趣旨だからして [ものによっては逆の場合もあるけど] 。揚げ足取りの様な、重箱の隅を突っつく様な、馬鹿馬鹿しくも阿呆らしい所作を、今回もまた、しでかす次第なのである。

read a continuance of : "ぶれーめんのおんがくたい"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.09.12.44

no. 200 massacre4killingtime

something sweet, something tender
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no. 200 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.05.23.25

すろーたーはうすふぁいぶ

随分昔にTVで放映された映画版『スローターハウス 5 (Slaughterhouse-Five)』 [ジョージ・ロイ・ヒル (George Roy Hill) 監督作品 1972年制作] を想い出しながら、その小説版『スローターハウス 5 (Slaughterhouse-Five, or The Children's Crusade: A Duty-Dance With Death)』 [カート・ヴォネガット (Kurt Vonnegut) 原作 1969年発表] を読んだのもかなり昔の事になる。
だけれども、何故だか、この物語は、ずうっとこころの片隅にあって、ふとした折りに、物語に何度も登場する語句「そういうものだ (So It Goes)」と共に湧き上がるのである。

read a continuance of : "すろーたーはうすふぁいぶ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 1 | pagetop

2011.04.04.00.33

dedicated to Junko Fuji : They Call Her Dragon

Let you see my scarlet peony tattoo if you want to.
And let me you die.
images
Junko Fuji as "Hibotan no Oryu"in the movie ""Hibotan Bakuto: Oryu Sanjo" aka "Red Peony Gambler: Oryu's Return"" directed by Tai Kato.

read a continuance of : "dedicated to Junko Fuji : They Call Her Dragon"

theme : 今日のイラスト - genre : 日記

irene4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.03.15.53

『ほぼ日刊イトイ新聞』で大沢在昌『絆回廊 新宿鮫X』を読む:その三

思わず、立ち止ってしまったのは、『第25回 4月1日更新』分に、次の様な文章があったからだ。
少し長いが、引用してみる。

不慮の死とは、つまるところいつもそうなのだ。事故も事件も、人が確実に死にいたるようなできごとは、そう、起きるわけではない。とてつもない災害や大事故でない限り、人は一瞬、一要素の差で、生死の境を分ける。
(『新宿鮫X 絆回廊』50章 218頁 at 『ほぼ日刊イトイ新聞』)

read a continuance of : "『ほぼ日刊イトイ新聞』で大沢在昌『絆回廊 新宿鮫X』を読む:その三"

theme : 読書 - genre : 小説・文学

daily sometime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2011.04.02.12.06

no.199 massacre4killingtime

swan lake (death disco)
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.199 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop