2010.11.30.18.31

ふらんけんしゅたいんのかいぶつ

フンガー

read a continuance of : "ふらんけんしゅたいんのかいぶつ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.28.10.01

dedicated to Jane Burden Morris

Dire fruit, which, tasted once, must thrall me here.
images
from "Album Of Portraits Of Mrs. William Morris (Jane Burden)" posed by Dante Gabriel Rossetti, 1865

read a continuance of : "dedicated to Jane Burden Morris"

theme : 今日のイラスト - genre : 日記

irene4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.27.13.21

no.182 massacre4killingtime

trash me
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.182 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.23.19.52

こんふゅーじょんうぃるびぃまいえぴたふ

擾乱こそ我が墓碑銘 (Confusion will be my epitaph.)』とは、キング・クリムゾン (King Crimson) のデヴュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿 (In The Court Of The Crimson King)』 [1969年発表] に収録された楽曲『エピタフ [墓碑銘] 理由なき行進 明日又明日 [Epitaph including March For No Reason and Tomorrow And Tomorrow』に登場する一節である。

read a continuance of : "こんふゅーじょんうぃるびぃまいえぴたふ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.22.18.45

『エレクトリック・レディランド (ELECTRIC LADYLAND)』 by ジミ・ヘンドリックス (The Jimi Hendrix Experience) disc two

images
前回のdisc oneでは、作品のフォーマットの話に終始したから、今回はジミ・ヘンドリックス (Jimi Hendrix) の音楽について語りたい。
なにやら群盲象を撫でる (den Wald vor lauter Baeumen nicht sehen) 様な気がしないでもないのだけれども、音楽を語る事ソレ自体が、そういう徒労じみた行為なのだから。
と、自戒の様な諦念の様な戯言をほざいてから、書き始めてみる。

read a continuance of : "『エレクトリック・レディランド (ELECTRIC LADYLAND)』 by ジミ・ヘンドリックス (The Jimi Hendrix Experience) disc two"

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 1 | pagetop

2010.11.21.22.22

『エレクトリック・レディランド (ELECTRIC LADYLAND)』 by ジミ・ヘンドリックス (The Jimi Hendrix Experience) disc one

images
先ずはアルバム・カヴァーの話から。

read a continuance of : "『エレクトリック・レディランド (ELECTRIC LADYLAND)』 by ジミ・ヘンドリックス (The Jimi Hendrix Experience) disc one"

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.20.13.46

no.181 massacre4killingtime

volunteers
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.181 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.16.20.46

しゃみっそーのかげをなくしたおとこ

アーデルベルト・フォン・シャミッソー (Adelbert von Chamisso) の中編小説『ペーター・シュレミールの不思議な物語 (Peter Schlemihls wundersame Geschichte)』は、『影を売った男』 [手塚富雄河出書房新社刊] とも『影をなくした男』 [池内紀岩波文庫刊] とも呼ばれている。
ぼくは前者を紹介する文章でその存在を知り、その内容を後者の訳出で実際に読んだ。

read a continuance of : "しゃみっそーのかげをなくしたおとこ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.13.11.30

no.180 massacre4killingtime

here's to you
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.180 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.09.19.06

けんとうし

以前こちらで書いた『けんずいし』のひそみにならって、"宝船 (Treasure Ship) の様な方舟 (Noah's Ark) の様な"と切り出して、竹熊健太郎 (Kentaro Takekuma) ・相原コージ (Koji Aihara) 共著の『サルまん サルでも描けるまんが教室 (Even A Monkey Can Draw Manga)』で描写された「630遣唐使 (Japanese Missions To Tang China) 犬上御田鍬 (Inugami No Mitasuki)」を紹介したい欲望にふとかられるけれども、"それについては各自で原著に当たって欲しい"と斬り捨てた手前、やっぱり書かないにこした事はないのだ。

read a continuance of : "けんとうし"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.06.13.08

no.179 massacre4killingtime

human nature
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.179 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.11.02.18.37

きゅーぴっどあんどさいけ

もう四半世紀も前の事である。入荷したばかりの一枚のアルバムを聴き終えたばかりのぼく達は皆、同じ想いに囚われていた。

―地味だな。
read a continuance of : "きゅーぴっどあんどさいけ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop