2010.08.31.19.11

だんさーいんざだーく

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク (Dancer In The Dark)』の監督であるラース・フォン・トリアー (Lars von Trier) は、ドグマ95 (Dogme 95) という映画手法の提唱者であり、この作品も、その純潔の誓い (The Vow Of Chastity) に準じているという。

read a continuance of : "だんさーいんざだーく"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.29.00.19

dedicated to Lou Andreas-Salome

my little girl was born on a ray of sound
images
Lou Andreas-Salome, 1900s ca.

read a continuance of : "dedicated to Lou Andreas-Salome"

theme : 今日のイラスト - genre : 日記

irene4killingtime | comments : 2 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.28.11.17

no.169 massacre4killingtime

plein soleil
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.169 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.24.20.54

はんすはにやりとほほえんだ

ハンス (Hans) という人物についてぼくにこっそりと耳打ちしてくれたのは、ヒカシュー (Hikashu) だった。1981年発表の彼らの三枚目のアルバム『うわさの人類 (Uwasa No Jinrui)』に収録された『小人のハンス (Koibito)』 [作詞:巻上公一 (Makigami Koichi) 作曲:井上誠 (Inoue Makoto)] という曲だった。タイトルに付したのはその曲の冒頭「ハンスはにやりと微笑んだ」からの引用である。
太田螢一 (Oota Keiichi) 描くぐにょぐにょとした人物が妖しく闇に浮かぶそのアルバムは、"テクノポップ (Technopop or Techno Pop)"のふりをして音楽シーンに登場して来た彼らの、化けの皮が剥がれた (Give Oneself Away) ...、いやいやいや、己の本性を曝け出し (Reveal The True Character) 始めた最初の作品である。
もっともヒカシュー (Hikashu) というバンド自体、デヴュー当時から"テクノポップ (Technopop or Techno Pop)"という範疇から遠い位置にあったし、それ以前に当時、"テクノポップ (Technopop or Techno Pop)"と表象されていた殆どのバンドやアーティストは、"テクノポップ (Technopop or Techno Pop)"ではさらさらなくて、世の中を欺き世の中に己らを浸透させる為の方便として、便宜上"テクノポップ (Technopop or Techno Pop)"を名乗っていた筈だ。
ピー・モデル (P-Model) 然り、イエロー・マジック・オーケストラ (Yellow Magic Orchestra) 然り。
そういう意味では、真の意味での"テクノポップ (Technopop or Techno Pop)"は、プラスチックス (Plastics) になるのだけれども、それを書き出すと、語るべきハンス(Hans) の事が語りきれなくなってしまうから、ここではそおゆうもんだと思って頂きたい。

read a continuance of : "はんすはにやりとほほえんだ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 4 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.22.18.59

『Money Is ...』もしくは"貨幣論":『みうらじゅんに訊け! お金篇』と『千夜千冊連環篇 1378夜 エンデの遺言 「根源からお金を問うこと」』

ISIS本座』での『松岡正剛の千夜千冊 連環篇』がスタートしたのが、200911月25日の1330夜。レナード・ムロディナウ (Leonard Mlodinow) の『たまたま 日常に潜む「偶然」を科学する (The Drunkard's Walk)』からだった。
一方、『ほぼ日刊イトイ新聞』の年間プログラム『MONEY IS ...』がスタートしたのが、今年5月31日。『お金のことを、あえて。 糸井重里によるイントロダクション。』からだった。

read a continuance of : "『Money Is ...』もしくは"貨幣論":『みうらじゅんに訊け! お金篇』と『千夜千冊連環篇 1378夜 エンデの遺言 「根源からお金を問うこと」』"

theme : 読書 - genre : 小説・文学

out of the order | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.21.10.59

no.168 massacre4killingtime

i stole your love
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.168 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.17.19.10

ちはやふるかみよもきかすたつたかはからくれなゐにみつくくるとは

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは (Even when the gods / Held sway in the ancient days, / I have never heard / That water gleamed with autumn red / As it does in Tatta's stream)』は、在原業平 (Ariwara no Narihira) の作で、古今和歌集 (Kokin Wakashu) に収められたもの。ご存知の通り、小倉百人一首 (Hyakunin Isshu) のうちのひとつである。

read a continuance of : "ちはやふるかみよもきかすたつたかはからくれなゐにみつくくるとは"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 2 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.15.19.35

"HERE COME THE WARM JETS" by ENO

images
あらためて書くまでもないことだけれども、今年の夏は猛暑日 (Heat Wave) が続いていて、しかも今日は終戦記念日 (Victory Over Japan Day)。65年前の今日も相当暑かったと聴いている。
映画『日本のいちばん長い日 (Japan's Longest Day)』[岡本喜八 (Kihachi Okamoto) 監督作品] で、いちばん印象的なシーンも、黒沢年雄演じる陸軍省軍事課 (The Military Affairs Section Of The Army Ministry Of Japan) 畑中健二 (Kenji Hatanaka) 少佐 (Major) が、油の切れた自転車を必死にこいで東京を奔走する、その汗まみれの姿なのだ。
だから嗚呼、今日の東京の風は、ウォーム・ジェット (Warm Jets)どころの騒ぎぢゃあない、これはホット・ジェット (Hot Jets)、もしくはヒート・ジェット (Heat Jets)と呼ぶべきものだ、とくだを巻 (Ramble On) きたくなるが、気にしないでくれ。

これは本題なんかぢゃあない。単なる導入部なんだ。

read a continuance of : ""HERE COME THE WARM JETS" by ENO"

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 4 | trackbacks : 1 | pagetop

2010.08.14.10.45

no.167 massacre4killingtime

time's up
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.167 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.10.20.37

いかろすのちち

クレタ文明 (Minoan Civilization) とその発祥の地、クレタ島 (Crete) を舞台とした長い長い神話の中で、イカロス (Ikaros aka Icarus) の飛翔とその失墜は、あくまでも傍系のエピソードである。
神話として物語られるその本流は、あくまでも牡牛 (Cretan Bull) を巡るエピソードだ。
勿論、イカロス (Ikaros aka Icarus) とその父であるダイダロス (Daedalus) もその牡牛 (Cretan Bull) の誕生に一役買っている訳だけれども、イカロス (Ikaros aka Icarus) の物語は、そのダイダロス (Daedalus) 親子自身が関わったその牡牛 (Cretan Bull) から逃亡する挿話でしかない。

read a continuance of : "いかろすのちち"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.07.09.35

no.166 massacre4killingtime

sunny
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.166 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.03.19.49

みひつのこい

上に掲げた表題を読み誤って「密室の戀」なんて漢字をあててしまうと、凄く淫美な気配が漂う。
例えば、横溝正史 (Seishi Yokomizo) の初期の傑作『蔵の中・鬼火』や手塚治虫 (Tezuka Osamu)の『奇子 (Ayako』なんかが頭の中をよぎる。そう、大正期 (Taisho Period) から昭和初期 (The Early Showa Period) を時代背景にした、一地方の名家・豪商・本陣の類が舞台となった、頽廃的で濃厚な血が流れ交わる探偵小説 (Japanese Mystery) か日本浪曼派小説 (The Japan Romantic School) を想い浮かべてしまうのだ。
一体に、そんな浅ましい発想をしてしまうのは、ぼくだけだろうか。

しかし、残念ながら「密室の戀」はあくまでも読み誤りなのである。
あくまでもこれは「みっしつのこひ」ならぬ「みひつのこい」。
正しくは「未必の故意」とあてるのです。

read a continuance of : "みひつのこい"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2010.08.01.00.05

dedicated to Emmanuelle Riva as Elle in "Hiroshima mon amour"

J'ai tout vu. Tout… J'en suis sure… Je n'ai rien invente.
images
Emmanuelle Riva as Elle in the movie "Hiroshima mon amour" 1959.

read a continuance of : "dedicated to Emmanuelle Riva as Elle in "Hiroshima mon amour""

theme : 今日のイラスト - genre : 日記

irene4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop