2009.07.28.18.14

やすみのひ

と、いうわけで恒例の、今週は休載ですのお知らせです。

read a continuance of : "やすみのひ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.25.11.57

no.112 massacre4killingtime

a world without love
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.112 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.21.19.29

となむかたりつたへたるとや

説話文学 (Setsuwa) の定型。中でも、平安時代末期に成立した『今昔物語集 (Konjaku Monogatarishu)』の定型である。
今は昔 (A Long Time Ago)」と語り起こし、「となむ語り伝へたるとや (And They Lived Happily Ever After)」で結ぶ。
この定法に乗っとる事によって、定法の中に挟み込まれた"物語"、この中で語り伝えられているモノゴトの姿を定形しているのである。

read a continuance of : "となむかたりつたへたるとや"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.19.16.26

"NEW YORK" by LOU REED

images
随分と待たされたアルバム。以前、どこかで書いた様な気がするけれども、クルト・ワイル (Kurt Weill) のトリビュート・アルバム『星空に迷い込んだ男/クルト・ワイルの世界 (Lost in the Stars: The Music of Kurt Weill)』 [プロデュース:ハル・ウィルナー (Hal Willner)] で聴く事が出来た『セプテンバー・ソング (September Song)』が最高だったのだ。
素材である原曲によりかかりもせず、かといって、己の音楽性を殊更に際立たせない、そのアプローチがかっこ良かった。
原曲の持つ、甘美なメロディーは一切姿を現さない筈なのに、その曲が描く叙情は総て兼ね備えている。
ロックンロール (Rock & Roll)
一言で言えば、それ以外のナニモノでもないその曲は、クルト・ワイル (Kurt Weill) のロックンロール (Rock & Roll) でもあると同時に、ルー・リード (Lou Reed) のロックンロール (Rock & Roll) そのものでもあったのだ。

read a continuance of : ""NEW YORK" by LOU REED"

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 2 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.18.12.04

no.111 massacre4killingtime

your gold teeth
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.111 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.17.22.57

have good times in summer 2009

have good times in summer 2009
images
Holidays in the Sun
I got a reason and I'm still waiting
with love from tai toshiharu feat. =OyO=
for summer 2009

read a continuance of : "have good times in summer 2009"

theme : 今日のイラスト - genre : 日記

hello it's me | comments : 0 | trackbacks : 1 | pagetop

2009.07.14.21.03

らっきーじょうちゃんのあたらしいしごと

この作品が単行本化されて出版された際の書評は、確か雑誌『宝島』[JICC出版局[当時]] あたりだと想ったのだけれども、"ドイツ表現主義 (Expressionismus) を想わせる光と影の演出"という様なキーワードが鏤められていた筈だ。
連載されていたのが、雑誌『プチフラワー』[小学館1986年11月号~1987年4月号] で、その単行本化は、連載終了後の同年だから、多少の記憶違いと過剰な自己欺瞞はあるかもしれないけれども、その様なキーワードがなければ、当時の僕は果たして、この作品を手に入れたのだろうか。

read a continuance of : "らっきーじょうちゃんのあたらしいしごと"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.11.14.23

no.110 massacre4killingtime

o boy
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.110 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.07.20.31

どてらいやつら

"どてらいやつら"は正式には"どてらい男又"と書く。
ネット上で上手く表記されているのかわからないけれども"男又"は、ワン・ワードであって、要は主に男性を差し示す三人称単数を意味する人称代名詞"やつ"という言葉に、なんで"女又"という女偏の文字を宛てねばならないのか、"おとこ"やったら"男又"でええやろ、という案配なのである。
つまり、例の"ネ申"と書いて"かみ"と読ませて英語に訳せば"God"とか"Master"の意を持たせるのと同じ手法なのだが、こちらの方が二十年早い。何故ならば1986年にJICC出版局[当時]から発行されたカセット・ブックのタイトルなのである。
タイトル表記から、そんなややこしい物言いをつけたアーティストは町田町蔵FROM至福団。
後に芥川賞受賞作家となる町田康の、町田町蔵名義で制作された音楽作品のひとつである。

read a continuance of : "どてらいやつら"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2009.07.04.12.25

no.109 massacre4killingtime

kaneda
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no.109 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop