FC2ブログ

2018.12.11.09.39

よーぜふかー

を主人公とする小説『審判 (Der Process)』 [作 19141915年執筆 作者死後1927年発表] を数十年ぶりに再読した。今年初頭から青空文庫 (Aozora Bunko) にある公開中作家リスト (Now Showing List Of Authors) [五十音順 (Japanese Syllabary Order)] に従って読み進め、ようやくフランツ・カフカ (Franz Kafka) まで辿り着いたからである。猶、その作家別リスト [五十音順 (Japanese Syllabary Order)] は姓名でのそれに対応しているので、その作家は"カ (Ka)"の項目にある事を、念の為に申し添えておく。

read a continuance of : "よーぜふかー"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.12.04.11.39

びしょうじょ

とは、この拙稿での場合、千曲ちあき (Chiaki Chikuma) の事を指す。マンガ『男どアホウ甲子園 (Otoko Doahou Koushien)』 [原作:佐々木守(Mamoru Sasaki) 作画:水島新司 (Shinji Mizushima) 19701975週刊少年サンデー連載] の登場人物のひとり、南波高校野球部 (Namba High School Baseball Club) の三塁手である。
自称他称を問わずここでは、彼女以外の美少女 (Nymph) には一切、眼もくれない。

read a continuance of : "びしょうじょ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.11.27.08.59

きのうび

つい、みとれてしまうことがある。
眼の前に顕れるそのかたちにみほれてしまうのだ。

read a continuance of : "きのうび"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.11.20.08.46

あかしあのあめがやむとき

子供心にただ怖かった。
開口一番「死んでしまいたい」と唄われるのだから。
しかも、それ以前にある「アカシア」と謂うモノが解らない。
しかも、そこから降り注ぐ「雨」がそのヒトの生死、その命運を握っていると謂うのだから。

read a continuance of : "あかしあのあめがやむとき"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.11.13.08.43

いんぷれじおんねんうんたあゔぁっさあ

件名はその映画の原題を平仮名に書き下したモノなのだが、表記としてはこれで正しいのだろうか。大学での第2外国語 (Second Foreign Language) は独語 (Deutsche Sprache) を履修したのだが、いささか心許ない。
その映画の邦題と原題は、『ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海 (Impressionen Unter Wasser)』と謂う。
レニ・リーフェンシュタール (Leni Riefenstahl) の最期の監督作品、2002年の作品である。

read a continuance of : "いんぷれじおんねんうんたあゔぁっさあ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.11.06.08.42

ようじんぼうほんませんせい

は、映画『用心棒 (Yojimbo)』 [黒澤明 (Akira Kurosawa) 監督作品 1961年制作] の登場人物のひとりで、藤田進 (Susumu Fujita) が演じている。その物語に登場するのは、ほんの僅かな時間である。

read a continuance of : "ようじんぼうほんませんせい"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.10.30.08.56

ぎょー

楳図かずお (Kazuo Umezu) の短編マンガ『怪獣ギョー (Kaiju Gyo)』 [1971週刊少年サンデー連載] は,リアルタイムでその掲載誌上で読んだ。記憶が正しければ、前後編の2回にわたって掲載されていた筈である。

read a continuance of : "ぎょー"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.10.23.08.55

しぼうゆうぎ

とは、もしかしたら見果てぬ夢 (The Impossible Dream) の別称なのかもしれない。
勿論、その名を冠する映画『死亡遊戯 (Game Of Death)』 [ロバート・クローズ (Robert Clouse)、ブルース・リー (Bruce Lee)、サモ・ハン・キンポー (Sammo Hung Kam-Bo) 監督作品 1978年制作] もそのひとつだ。尤も、決して褒める事の出来ない残滓の様な作品ではあるのだが。

read a continuance of : "しぼうゆうぎ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.10.16.08.44

てれぱしー

これから綴るのはあくまでも物語内での事、つまり虚構としてのテレパシー (Telepathy) だ。
現実のぼく達の生活に於いて、その能力の実在不実在やその能力を保持している人物達の実在不実在に関しては、言及していない。

read a continuance of : "てれぱしー"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.10.09.11.52

まおうだんて

マンガ『魔王ダンテ (Demon Lord Dante)』 [永井豪 (Go Nagai) 作 1971年 週刊ぼくらマガジン連載] は、同じ作者のマンガ『デビルマン (Devilman)』 [永井豪 (Go Nagai) 作 19721973週刊少年マガジン連載] の前駆的作品として位置付けられている。それだけではない。その作者の後に続く幾つもの作品に大きな影響を与え、しかも、一見異なるジャンルの作品の様に思われる、同じ作者のマンガ『マジンガーZ (Mazinger Z)』  [永井豪 (Go Nagai) 作 19721973週刊少年ジャンプ連載] にも大きな影を落としている。
作者永井豪 (Go Nagai) も、それを裏付ける発言をいくつもしているし、個々の作品を丹念に読めば、否応もなくそれに気づかされる。
無論、ここで謂う影響とは、魔王ダンテ (Demon Lord Dante) がマンガ『デビルマンレディー (Devil Lady)』 [永井豪 (Go Nagai) 作 19972000モーニング連載] に客演したと謂う程度の事ではない。
が、しかし、この拙稿では、それとはすこし違った事を綴ってみたいと思う。

read a continuance of : "まおうだんて"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop