FC2ブログ

2018.10.16.08.44

てれぱしー

これから綴るのはあくまでも物語内での事、つまり虚構としてのテレパシー (Telepathy) だ。
現実のぼく達の生活に於いて、その能力の実在不実在やその能力を保持している人物達の実在不実在に関しては、言及していない。

read a continuance of : "てれぱしー"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.10.09.11.52

まおうだんて

マンガ『魔王ダンテ (Demon Lord Dante)』 [永井豪 (Go Nagai) 作 1971年 週刊ぼくらマガジン連載] は、同じ作者のマンガ『デビルマン (Devilman)』 [永井豪 (Go Nagai) 作 19721973週刊少年マガジン連載] の前駆的作品として位置付けられている。それだけではない。その作者の後に続く幾つもの作品に大きな影響を与え、しかも、一見異なるジャンルの作品の様に思われる、同じ作者のマンガ『マジンガーZ (Mazinger Z)』  [永井豪 (Go Nagai) 作 19721973週刊少年ジャンプ連載] にも大きな影を落としている。
作者永井豪 (Go Nagai) も、それを裏付ける発言をいくつもしているし、個々の作品を丹念に読めば、否応もなくそれに気づかされる。
無論、ここで謂う影響とは、魔王ダンテ (Demon Lord Dante) がマンガ『デビルマンレディー (Devil Lady)』 [永井豪 (Go Nagai) 作 19972000モーニング連載] に客演したと謂う程度の事ではない。
が、しかし、この拙稿では、それとはすこし違った事を綴ってみたいと思う。

read a continuance of : "まおうだんて"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.10.02.08.52

たからじま

ぼくはそのとき『あしながおじさん (Daddy-Long-Legs)』 [作:ジーン・ウェブスター (Jean Webster) 1912年発表] を読んでいた。ジュブナイル (Juvenile)、児童向けの本だ。小学校2年生のときだとおもう。両親のいずれか、もしくは近所に棲む親戚が買い与えたものだ。ただ、買い与えたとはいうものの、その決定権はぼくにあった様に記憶している。近所の書店につれていかれ「このコーナーにあるなかから1冊」そんな条件のもとで選んだ筈なのだ。これはマンガ (Comic) は買ってやらないと謂う意思表示でもある。選んだのはいいが、何故、それにしたのかがいまのぼくにとっては、てんでよく解らない。と、謂うのは、その物語の主人公は少女で、そしてそれであるが故に、ぼくに共感や感動が起ころうとも思えないのだ。

read a continuance of : "たからじま"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.09.25.11.43

ぎみーしぇるたー

ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) の幾つもある代表曲のそのひとつである楽曲『ストリート・ファイティング・マン (Street Fighting Man)』 [アルバム『ベガーズ・バンケット (Beggars Banquet)』収録 1968年発表] は、曲名やその演奏の荒々しさとは裏腹の楽曲である。屋外乱闘 (Street Fight) どころか、それを実行する事が出来ない自身の、モラトリアム (Moratorium) な気分が、その曲の主題なのである。

read a continuance of : "ぎみーしぇるたー"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.09.18.11.24

せかいはちばんめのふしぎ

世界七不思議 (Seven Wonders Of The World) は不動の存在として確固たる地位を築いている。そして、その地位に次ぐ、もしくはその地位を脅かす存在としての世界八番目の不思議 (Eighth Wonder Of The World) に関しては枚挙にいとまがない。
ここでは、その数々を紹介するのではなくて、そのなかのたったひとつだけについて記述する事にする。
それはキング・コング (King Kong) である。

read a continuance of : "せかいはちばんめのふしぎ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.09.11.08.40

といれっとはかせ

マンガ『すすめ!!パイレーツ (Susume!! Pirates)』 [江口寿史 (Hisashi Eguchi) 作 19771980週刊少年ジャンプ連載] の登場人物のひとりにジェロニモ (Geronimo) がいる。その作品が舞台とするプロ野球チーム (Professional Baseball Team)、千葉パイレーツ (Chiba Pirates) のレギュラー (Regular Player) で打順は3番 (Batting Third)、守備はセンター (Center Fielder) である。
彼は、初登場時こそは華々しかったモノの、連載の長期化とその結果、次々と登場する新登場人物の活躍によって、次第に作品への出演回数が減ってしまう。
そして、珍しく登場したと思えば、彼のくちから出てくるのは、目立てないと謂う自虐的な発言だけなのである。

read a continuance of : "といれっとはかせ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.09.04.08.42

きゅうけつきえりーと

彼はみずからをこう語っている。
「午後三時に銀座のいちばん高級な喫茶店で日本一のコーヒーをすすりながらその横に世界一のギターをおいている日本一の男前」

read a continuance of : "きゅうけつきえりーと"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.08.28.08.56

ないとおぶざりびんぐでっどしりょうそうせいき

トム・サヴィーニ (Tom Savini) の監督作品『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド / 死霊創世紀 (Night Of The Living Dead)』 [1990年制作] は、ジョージ・A・ロメロ (George A. Romero)の監督作品『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド / ゾンビの誕生 (Night Of The Living Dead)』 [1968年制作] のリメイク作品である。
オリジナル作品を手掛けたジョージ・A・ロメロ (George A. Romero) 自らが、リメイク作品の脚本を担当している。

read a continuance of : "ないとおぶざりびんぐでっどしりょうそうせいき"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.08.21.09.06

ふぇのみな

湖水を少女が泳いでいる。夜、一切が闇につつまれたみずを少女がゆっくりと泳ぐ。彼女のしろい衣装とそれをまとった彼女の肌がしろく輝く。
その映画の中で最もうつくしいシーンであろう。

read a continuance of : "ふぇのみな"

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2018.08.14.08.46

はははははははのははははははとわらふ

上の表題として掲げた1文?、さて一体、なんと読むのでしょう?

read a continuance of : "はははははははのははははははとわらふ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop